【blender2.8】サイバーパンク!ゲーミング和室のつくり方

ゲーミングルーム 和室 blender

去る2019年のこと。
ベトナムのホイアンという街を散策していた時の話です。

きらびやかなランタンに彩られた、極彩色の街をブラつきながら、
ふと、こんなことを考えました。

和室だって、キラキラしたってイイいんじゃない?

そのイメージが忘れられず、ゲーミングルームなどから着想を得てつくった作品がこちらです。
私にとって今回が2つ目の作品なので、初心者でも簡単につくれてしまいます。

それでは、メイキングをどうぞ!

まずは、プリミティブ・モデリング!

プリミティブ・モデリングをご存じですか?
立方体や円柱など、基本的な図形を組み合わせて並べるだけの、簡単モデリングのことです。

立方体と円柱を並べるだけで、こんな感じになります。

畳のヘリの色づけとか、ちょっと小細工かましてたりはするものの、
プリミティブだけでこんな感じにまで仕上げることができます。

ポイントは、下絵を用意して実物と同じ比率で並べてあげることですね。
下絵の表示方法は、この記事を見てください。

ブーリアンで穴ぼこあければ、凝ったモノもつくれる

つぎは、赤枠の部分です。
これは、どちらも立方体にブーリアンで穴をあけているだけです。

下の棚から、つくっていきましょう。

ブーリアンで棚をつくってみよう

まずは、立方体をふたつ用意して、
切り抜きたい方のオブジェクトを選択します。

そして、モディファイアープロパティから、
「モディファイアーを追加」をクリックします。

「ブーリアン」を選択します。

切り抜くためのオブジェクトを選択します。
ここでは、Cube.001ですね。

Cube.001をいい感じの位置に置きます。
もう一度、最初のオブジェクトを選択して、「適用」をクリックします。

Cube.001をDeleteキーで削除したら、あ~ら不思議!
穴ぼこの空いた立方体ができました。

さいごに、真ん中に立方体を置いて仕切りをつくれば、棚の完成。

ブーリアン×配列で、無限の可能性…上の棚をつくってみよう

みなさんは、配列ってつかったことありますか?

ひとつのオブジェクトを何個も等間隔に並べることができる、
めっちゃ便利なモディファイアーです。

まずは円柱を用意して、モディファイアープロパティから「配列」をクリックします。

で複製する個数を、オフセットでオブジェクト間の距離を調整します。

配列を2つ設定することで、こんな感じに縦×横にオブジェクトを複製することができます。

あとは、これをもとにブーリアンを使ってあげれば、穴ぼこをあけた立方体ができるというわけです。

ちなみに、障子の枠の部分も、この配列でつくることができます。
トライしてみてください!

間接照明で、部屋をチャラくする

チャラ部屋の必須アイテム、間接照明。

照明はマテリアルプロパティで表現できます。

マテリアルプロパティから、「新規」ボタンをクリックします。

サーフェスから、「放射」を選択します。
あとは、ベースカラーで照明の色を設定できます。

そして、間接照明を表現するにあたって、もっとも重要なのが、
レンダーエンジンEeveeからCyclesに変更することです。

Cyclesにすると、壁からの光の反射を描写してくれます。

EeveeとCyclesのレンダリングを比較すると、これだけ違います↓

EeveeとCyclesのレンダリングの違い

Cyclesの方は、床が光で照らされているのがわかりますね!

あとは、ブーリアンで穴ぼこをあけた違い棚などの下に、照明をおいてあげれば、
簡単に、チャラ~い感じに仕上がります(笑)

まとめ

どうでしたか?

むずかしそうに見えて、意外と簡単につくれることがわかりましたね。

Cyclesは優秀なレンダーエンジンなので、これを使うだけで簡単にリアルな表現ができてしまいます。

より詳しいテクニックを知りたい方は、私が参考書としていつも読んでいる、こちらの本を参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました